仕事探しにはどんな方法があるのか確認しよう


最もポピュラーな仕事の探し方

仕事を探す方法としては、ハローワークにいく方法が定番です。ただし、ハローワークで紹介してくれる仕事の場合、自分の希望している職種や職業であるとは限りません。自分にあった仕事を探したいと考えているのであれば、他の選択肢も頭に入れておきましょう。

身近な人に相談する方法もありますが、メリットとデメリットが大きいため、よく考える必要があります。メリットとしては友人・知人といった人脈をたどって就職活動を行う場合、応募して採用される可能性が高いことです。しかし、デメリットとしては、人間関係のしがらみによって勤務してから転職を考えていても言い出せないことや、不満があっても言い出しにくくなることといいます。仕事によっては友人の属する派閥争いに巻き込まれる可能性もあるため注意しましょう。

インターネットを使った探し方

周囲の人に迷惑をかけたくないからと、自分だけで探す道を選ぶ場合、ハローワークのほかにインターネットの求職情報サイトを利用する方法があります。複数のサイトでそれぞれに特色ある求人募集をかけているため、使いやすいところを見つけてください。特に総合的な転職を支援しているところや、外資系、工場勤務などに特化しているところなどもあるため、どこで探したらいいのか自分で行きたいところに応じて選びましょう。

人材紹介会社に登録し、アドバイザーのカウンセリングを受けて適正にあった募集に応募する方法もあります。相性のいい人材紹介会社を見つけることが重要となるため、複数の会社の情報を確認して応募すること、面接で話してみて納得出来る会社に登録することが大切です。

仕事探しをする時は志望動機や目標を決め、求人情報を参考にして応募書類の書き方や面接対策をすることが大事です。