派遣から正社員へ!取得した資格で得た技術を活用しよう


重宝される人材を目指そう

派遣から正社員へ昇格するには、園、保護者、子ども達から信頼を得ることはもちろん、その園の方針や特徴にマッチし、どんな項目でもいいので、この人がいなければと思わせることが大事です。そういった意味では、保育士の資格以外に、仕事で役立つような資格を何か持っているというのも一つの強みになります。ただし、資格取得が目的ではなく、あくまでも資格取得により得たスキルをどれだけ保育士の仕事に反映し、重宝してもらえるかということが大事ですよ。

他にはないアピールポイントをつくろう

資格を活かすことで保育の幅を広げたり、自分が教えたい指導やケアなどに携わることもできるようになります。派遣から正社員を目指している人にとっては、とても大事なことといえるでしょう。まず、何かとあると便利なのは、運転免許証です。園庭の狭い園などでは、区の施設などをかりて行事を行いますが、その際、免許があり、運転に慣れている先生は重宝されます。女性の多い園では、免許を持っている保育士が少なかったり、持っていてもペーパードライバーということも多いので運転ができるというだけでも頼りになるのです。その他、絵本専門士やチャイルドマインダーなどの資格も検討してみましょう。

また、クラス便りの作成や計算して集計したりするときに役立つのが、オフィス系のアプリケーションです。仕事の効率が大幅にアップし、実はこうした作業が苦手という保育士も多いので差をつけられますよ。そして、連絡帳やお便りなど、毎日書かなくてはならない手書きの文字は、文字がきれいなだけで周りからの印象や評価がよくなりますよ。資格とまではいきませんが、ペン習字などの通信講座も視野に入れてみるといいでしょう。

吹田市や豊中市なら若年世帯が多く保育所も数多くあるので、保育士の派遣を大阪近郊で探すにはところです。