運転が好きな人にピッタリの仕事!専属運転手とは


ニーズが拡大する専属運転手

運転手といえば、人気の職業の一つといえるのではないでしょうか。車を運転することが好きな人にはピッタリの仕事かもしれません。同じ運転手の中でも、いわゆる専属運転手のニーズが急速に拡大しています。専属運転手は経営者や役員などの要職を担う人につくものです。企業によっては、仕事時間内の移動はもとより、通勤の際にも利用するケースも少なくありません。専属運転手は、社内の人材が担当することもありますが、派遣会社に委託することもあります。実際に国内にも首都圏を中心に複数の運転手の派遣サービスが見られます。ネット求人や無料求人雑誌などでも盛んに募集していますので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

運転技術とマナーも学ぶ!

「専属運転手や役員運転手になるにはどうしたらいいの?」という人も多いのではないでしょうか。先ずは、専属運転手の派遣会社に登録することが必要です。基本的には運転免許証を所持していれば、運転手として登録することは可能です。派遣される運転手としての登録の手続きが済めば、運転の技術やスキルもさることながら、専属運転手としてのマナーや礼儀作法についても学ぶことになるでしょう。あくまでも、「大切な人を乗せている」という意識を持つことが重要です。個別の契約によっても異なりますが、経営者や役員のスケジュールには徹底的に付き合うことが求められます。会議や商談が長引くことになれば、終わるまで待たなくてはいけないのが現実です。

運転手の派遣の仕事は外国人観光客が増加する都市は需要が高くなり、求人募集の件数も増える傾向があります。