働く上で何を重視する?外資系企業の転職におけるメリットと注意点


外資系に転職することで得られるメリット

外資系企業とは、海外の法人や外国籍の人が出資をする日本企業のことを言います。

日本に数多くある業種がある中で、外資系企業がお勧めと言われている理由の一つが収入の高さです。企業によって若干の違いがありますが、高利益を生んでいる所が多く、その利益が従業員の給料に還元されています。高収入を得ることに重点を置く人にとってこの点は大きなメリットです。

能力によって正当に評価される点も理由に挙げられます。外国人が経営に携わる外資系は、年功序列の風習が根強く残っている日本企業とは違って性別やキャリアによる評価の違いはありません。そのため、例え女性であっても能力があればキャリアアップが図れます。

働く上で気を付けるべき注意点

前述したように、外資系企業には多くのメリットがありますが、注意すべき点もいくつかあります。

その一つが福利厚生です。日本の企業の多くが従業員が働きやすいように、健康保険や住宅手当などの福利厚生が充実しています。それに対して外資系は日本ほど手厚いサポートを受けられないのが実情です。中には福利厚生が全くないケースもあるので、会社を選ぶ時はしっかりと確認しておかなくてはいけません。

転職をするために最適な方法

転職をする上で避けては通れないのが面接です。外資系企業は仕事柄英語などのスキルが必要となることも多く、面接の時に英会話でのやり取りを求められるケースも少なくありません。いくら読み書きが完璧でも会話ができなければ面接に落とされてしまうこともあります。

もし英会話に自信がないという人は、転職エージェントの利用がお勧めです。外資系に強いエージェントであれば英語による面接の有効な対策についてアドバイスを受けることができます。

外資系求人は、企画やマーケティング、営業など様々な職種があり、採用試験の際には実務経験の長さだけでなく前職での成果が重視される傾向があります。