歯科衛生士として活躍したい人必見!仕事内容と職場の選び方


歯科衛生士の仕事内容と役割

一口に歯に関わる職業と言っても歯科医を始め数多くの仕事があって、その中の一つに歯科衛生士があります。歯科衛生士とは虫歯などの病気の予防処置や保健指導、歯科医の診療補助を行うのが主な役割です。同じような名前の職業に歯科助手というのがありますが、こちらは受付を含む雑務が中心となるため内容としては全く異なります。資格についても歯科助手は無資格でも就けるのに対して、歯科衛生士は専門の知識を身につけると共に国家資格を取得しなくてはいけません。そのため、大学や専門学校に通って資格の取得を目指すのが一般的とされています。

仕事を長く続けていく上で必要なこと

歯科衛生士の勤務地は個人診療の歯科医や大学病院、自治体が管理する保健センターなど数多くの選択肢があります。国家資格が必要となることで一般的な職業に比べて人数が少なく引く手数多とも言っても過言ではありません。とはいえ、いくら勤務先の選択肢が多いと言っても職場環境はそれぞれ異なります。医療関係の転職や離職の理由として上位に挙げられる物の一つが職場の人間関係です。特に個人診療の歯科医で働く場合、人数が少ないため円滑な人間関係を築き上げることが必要不可欠になります。そのため、事前に見学ができるのであれば自分の目で雰囲気やスタッフ同士の関係について確かめておくことが大切です。同様に仕事における考え方も重要なポイントになります。歯科医の診療の補助を役割とする以上、考え方に相違があってはスムーズな診療を行うことはできません。一口に歯科医と言っても患者への向き合い方はそれぞれ違うので、その点について理解しておくことも職場選びに必要な点です。

さまざまな職業の中でも歯科衛生士の求人を探す方法はいくつもある中で、大量に情報を集めるならインターネットの歯科関連の求人情報サイト利用が良いです。